2ct以上のモアサナイト フルエタニティリングならコレ
PR

モリッツ・グロスマンの値上げ(価格改定)2023年4月1日から実施予定(公式発表あり)

スポンサーリンク
grossmann-uhren-prices-change-20230401-eye-800x531 コラム
この記事は約4分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

カルティエの婚約指輪を2023年3月1日に購入しました。今度はモリッツ・グロスマンの腕時計がほしいです。最近はハイブランドの値上げラッシュが続いていますが、モリッツ・グロスマンの次回の値上げ情報をご存じでしたら教えてください。

モリッツ・グロスマンって、世界中のおしゃれな女性のあこがれですよね?

19世紀の伝説的な時計師であるモリッツ・グロスマンの哲学を受け継いているんですよね。

2008年にドイツ・グラスヒュッテで創業しています。

最新の技術の上に伝統的な時計作りを組み合わせて、究極の手仕事にこだわるタイムピースを自社工房で少量生産しています。

シンガポール出身の卓抜したデザイナーであるマイケル・コーの想像力豊かなデザインは驚嘆に値します。

新しいジュエリーウォッチのテフヌート・スリーピング ビューティーは、私たちを謎に満ちた月の世界へといざないます。

最近はハイブランドの値上げラッシュが続いているので、値上げ時期が気になりますよね?

上記のようなモリッツ・グロスマンの値上げ情報を教えてほしいという質問にお答えします。

スポンサーリンク

結論:モリッツ・グロスマンの値上げ(価格改定)2023年4月1日から実施予定(公式発表あり)

結論から言うと、モリッツ・グロスマンは2023年4月1日(土)に価格改定(値上げ)が実施される予定です。

Instagramの公式アカウントで発表されていました。

ドイツ本国の要請により行われるそうで、ワールドワイドでの価格改定を実施するとのことです。

grossmann-uhren-prices-change-20230401-359x640
引用元:https://www.instagram.com/p/CpzGcEWL51t/

スポンサーリンク

販売代理店の情報では全商品が対象で約15% 値上げになる

販売代理店の情報では全商品が対象で約15% 値上げになるそうです。

grossmann-uhren-prices-change-20230401-02-750x1334
引用元:https://ishida-watch.com/

スポンサーリンク

他社ハイブランドの動向

他社ハイブランドも軒並み値上げラッシュしています。

ロレックスは、2023年1月1日(日)に価格改定(値上げ)が実施されています。今回の値上げでは、ほぼすべてのモデルが約2%から3%の値上げだったようです。モデルにより5%から6%の値上げになった商品や値上げなし商品もあったようです。

チューダーも、2023年1月1日(日)に価格改定(値上げ)が実施されています。今回の値上げ率は平均すると約10%だったようです。もちろん商品ごと値上げ率は異なっていて、20%弱の値上げ率だった商品もあったようです。

ジャガー・ルクルトも、2023年1月1日(日)に価格改定(値上げ)が実施されています。全商品が対象となり、約8%から12%の値上がり幅になりました。

オーデマ ピゲも2023年1月早々に価格改定(値上げ)を実施しています。主要モデルが対象となり、約3%から4%の値上げ(価格改定)だったようです。

ノルケインは、2023年1月16日(月)に価格改定(値上げ)を実施済みです。

ブライトリングとフランクミュラーは、2023年1月20日(金)に価格改定(値上げ)を実施済みです。

IWCは、2023年1月23日(月)に価格改定(値上げ)を実施済みです。一部商品では約5%の値上がりになったようです。

グランドセイコーは2023年1月23日(月)に価格改定(値上げ)を実施済みです。一部商品では約11%から12%の値上がりになりました。

ブレゲとオメガ、ハミルトン、ベル&ロス、グラスヒュッテ・オリジナル、ロンジン、ティソ、ミドー、ラドー、ブランパンは、2023年2月1日(水)に価格改定(値上げ)を実施済みです。

ジラール・ペルゴは、2023年2月20日(月)に価格改定(値上げ)を実施済みです。

ショパールは、2023年2月27日(月)に価格改定(値上げ)を実施済みです。

モーリス・ラクロアとレイモンド・ウェイル、ZENITH(ゼニス)、パネライ、モンブランは、2023年3月1日(水)に価格改定(値上げ)を実施済みです。

A.ランゲ&ゾーネは、2023年3月20日(月)に価格改定(値上げ)が実施される模様です。全体的に15%から20%程度の値上げになるようです。

フレデリック・コンスタントは、2023年4月1日(土)に価格改定(値上げ)が実施される予定です。対象商品で平均 約9%の値上げになります。

スポンサーリンク

まとめ:モリッツ・グロスマンの値上げ(価格改定)2023年4月1日から実施予定(公式発表あり)

いかがでしたでしょうか。

モリッツ・グロスマンは2023年4月1日(土)に価格改定(値上げ)が実施される予定です。

Instagramの公式アカウントで発表されていました。

昨今の世界的なインフレの社会情勢では仕方ないのかも知れません。

2023年5月以降も再値上げの可能性があり得ると考えられますので、ほしい人は早めに購入した方がいいのではないでしょうか。

値上げは消費者にとってキツイですから、少しでもお得に手に入れてください。

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

この記事を書いた人
サヅカ

元SEの経営者。ハイジュエラー研究家。華やかに着飾った女性が好きです。キラキラ輝くオススメのハイジュエリー商品を紹介するブログを運営。国内IT系の上場会社でPG/SE/PMとして30年ほど勤務。2014年に特許を発明し出願した実績を持ちます。

詳細なプロフィールはこちら

サヅカをフォローする
コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サヅカをフォローする
スポンサーリンク
blank
サヅカブログ
タイトルとURLをコピーしました