天然石リングを50代の女性にプレゼントするならコレ
PR

【中古・良い】俄(NIWAKA)の婚約指輪 花麗(HANAURARA)の紹介

スポンサーリンク
niwaka-hanaurara-eye-800x800 おすすめ商品
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

彼女から婚約指輪は絶対に俄(NIWAKA)の花麗(HANAURARA)を買ってほしいって、だだをこねられています。だけど、新品じゃなくていい、中古でいいと言ってくれています。状態がいい中古の花麗(HANAURARA)が買えるお店があれば教えてください。

俄(NIWAKA)の婚約指輪 花麗(HANAURARA)って、華やかですから彼女がほしがるのも無理はないですよね?

上記のような状態がいい中古の花麗(HANAURARA)が買えるお店を教えてほしいという質問にお答えします。

スポンサーリンク

結論:【中古・良い】俄(NIWAKA)の婚約指輪 花麗(HANAURARA)の紹介

結論から言うと、状態がいい中古の花麗(HANAURARA)が買えるお店を見つけました。

花麗(HANAURARA)は、花びらが重なり合い、立体的なデザインが甘くなりすぎないのがいいです。女性の凛とした姿を感じさるリングです。

彼女があこがれるのも納得の商品です。

0.32カラットのダイヤモンドで、Dカラー、クラリティVS2、カットExcellentと4Cグレードが高いです。

鑑定書は付きませんが、GIAレポートチェックのコピーは付属されます。

この商品はマジでお買い得ですよ。

新品で花麗(HANAURARA)を買おうと思ったら、最安 30.8万円からの案内になります。(2022年11月22日時点の情報。11月24日以降は価格改定されます。)

【緑屋質屋】俄 NIWAKA(ニワカ) 花麗 HANAURARA ダイヤモンド リング 0.32ct Pt950【中古】

日本の和の心をコンセプトとするジュエリーブランド「俄 NIWAKA」。千年の歴史をもつ京都の美しさを、モダンなデザインに表現したジュエリーを展開しています。旋律を奏でるように、美しく咲き誇る花をモチーフにデザインした「花麗 HANAURARA」。花びらが重なり合い、立体的なデザインが甘くなりすぎず、女性の凛とした姿を感じさるリングです。
中石0.32ct、Dカラー、クラリティVS2、カットExcellentと輝きある良質なダイヤを使用しております。GIAレポートチェックのコピーは付属しておりますが、鑑定書はありません。
【緑屋質屋】俄 NIWAKA(ニワカ) 花麗 HANAURARA ダイヤモンド リング 0.32ct Pt950【中古】

スポンサーリンク

【緑屋質屋】俄 NIWAKA(ニワカ) 花麗 HANAURARA ダイヤモンド リング 0.32ct Pt950【中古】

旋律を奏でるように、美しく咲き誇る花をモチーフにデザインした「花麗 HANAURARA」。

花びらが重なり合い、立体的なデザインが甘くなりすぎず、女性の凛とした姿を感じさるリングです。

【緑屋質屋】俄 NIWAKA(ニワカ) 花麗 HANAURARA ダイヤモンド リング 0.32ct Pt950【中古】

スポンサーリンク

まとめ:【中古・良い】俄(NIWAKA)の婚約指輪 花麗(HANAURARA)の紹介

いかがでしたでしょうか。

花麗(HANAURARA)は、花びらが重なり合い、立体的なデザインが甘くなりすぎないのがいいです。女性の凛とした姿を感じさるリングです。

彼女があこがれるのも納得の商品です。

0.32カラットのダイヤモンドで、Dカラー、クラリティVS2、カットExcellentと4Cグレードが高いです。

鑑定書は付きませんが、GIAレポートチェックのコピーは付属されます。

この商品はマジでお買い得ですよ。

ご予算の範囲内で、状態がいい中古の花麗(HANAURARA)をプレゼントなさってください。

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

この記事を書いた人
サヅカ

元SEの経営者。ハイジュエラー研究家。華やかに着飾った女性が好きです。キラキラ輝くオススメのハイジュエリー商品を紹介するブログを運営。カルティエやティファニーが気軽に買えればいいけど、予算が厳しいならモアサナイトジュエリーをおすすめしています。国内IT系の上場会社でPG/SE/PMとして30年ほど勤務。2014年に特許を発明し出願した実績を持ちます。

詳細なプロフィールはこちら

サヅカをフォローする
おすすめ商品リング
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サヅカをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました