2ct以上のモアサナイト フルエタニティリングならコレ
PR

【2023年2月14日時点】GIA 4Cハイグレードのダイヤモンド価格を調査してみた

スポンサーリンク
diamond-price-high-grade-202302-eye-800x614 コラム
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
年配の男性
年配の男性

2021年12月あたりからダイヤモンド取引所の相場が爆上げしていましたけど、ダイヤモンド価格の最新情報を教えてください。

ダイヤモンド価格が世界的に高騰していますよね?

いまはダイヤモンドだけじゃなくて、世界的に物価が上昇していますよね?

上質の天然ダイヤモンドは将来的な値上がりが期待できるので、資産価値が高いです。

上記のようなダイヤモンド価格の最新情報について教えてほしいという質問にお答えします。

この記事は、2023年2月14日時点の情報にもとづいて執筆しています。

スポンサーリンク

結論:小粒のDカラー、IFクラリティのダイヤモンドは高値圏を維持している

ダイヤモンドの品質を無視してダイヤモンド相場全体をみると、2021年12月頃からの爆上げは収まっています。

しかし、GIA鑑定書付きの4Cハイグレードで小粒のダイヤモンドルースは依然として高値圏を維持しています。

特に0.3カラット程度のカラットが軽い(小さい)ルースが高額で取引されています。

スポンサーリンク

最新のダイヤモンドチャート(2023年2月13日)

下記の資料は、GIA鑑定書付きのダイヤモンドルース(0.3カラット、Dカラー、IFクラリティ)の1年間の価格推移を表したグラフです。

4Cグレード
カラー:D(最高品質:無色 Colorless)ダイヤモンドの色味の品質。無色が一番評価が高い。
クラリティ(透明度):IF(最高品質から2番目 Interally Flawless)ダイヤモンドに含まれる内包物やキズが少ないほど評価が高い。FLが最高品質だが希少で市場に出回るのは稀である。

ご覧の通り、1年前から爆上げしており、値崩れは起きていません。

2022年2月2日時点で、864ドルだったのが2023年2月13日時点で944ドルの高値圏です。

約9.25%の値上げ率です。

diamond-price-high-grade-202302-03-D-IF-800x669
引用元:https://www.diamond-bourse.com/

高品質のVVS1/VVS2クラリティレベルまでは、1年前より高額で取引されていますが、VS1クラリティまで落ちると途端に値崩れて起こしています。

VS1/VS2レベルの品質でもジュエリーとして考えれば高品質のダイヤモンドと言えますが、残念ながら資産価値はありません。

diamond-price-high-grade-202302-03-D-VS1-800x670
引用元:https://www.diamond-bourse.com/

スポンサーリンク

ダイヤモンド価格の関連記事

ダイヤモンド価格を決定する要因や4Cハイグレードのダイヤモンド価格が安定している理由などは下記の記事で書いています。

スポンサーリンク

まとめ:【2023年2月14日時点】GIA 4Cハイグレードのダイヤモンド価格を調査してみた

いかがでしたでしょうか。

上質の天然ダイヤモンドは将来的な値上がりが期待できるので、資産価値が高いですよね?

いまは世界中の富裕層はダイヤモンドを買っています。

あなたが富裕層の人で、余剰資金をお持ちであれば、資産防衛の一環としてダイヤモンド投資を検討してみる価値があるのではないでしょうか。

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

【頂点】天然ダイヤモンドルース 1.01ct Dカラー FL Type2a エメラルドカット GIA鑑定書付 / フローレス 1カラット

何事にもその頂点というものが存在します。最も美しいもの、最も優れたもの、最も高価なもの、最も稀少なもの。多種多様にわたるダイヤモンドの場合、その美しさの観点は様々ですし、価値の捉え方も一様ではない。しかし、その頂点の一つは、まちがいなくこの、Dカラー フローレス タイプ2aです。Dカラーは、何も混じらない無色の最高のカラー。フローレスは、内包物の全くない最高の透明度。内包物の全くない澄み切った輝きは、ダイヤモンドの美しさの一つの頂点と言ってよいでしょう。やはり最後にたどり着くのは、このグレードなのでしょうか。

【頂点】天然ダイヤモンドルース 1.01ct Dカラー FL Type2a エメラルドカット GIA鑑定書付 / フローレス 1カラット

【ブルーダイヤモンド】GIA・CGL鑑定書付 0.312ct Fancy Blue VS1 Type2B ペアシェイプカット ダイヤ

その稀少性と美しさから、海外のジュエリーコレクターやセレブたちが注目するアイテムとなっている「ファンシーカラーダイヤモンド」。その中でも特に希少性が高く、その神秘的なカラーの魅力も相まって、極めて特別な存在感を持つのがブルーダイヤモンドです。
2016年5月18日、「オッペンハイマー・ブルー」と名付けられた大粒で希少なブルーダイヤモンドがスイスのジュネーブでクリスティーズのオークションにかけられ、5683万7000スイスフラン(約63億4000万円)で落札されました。これは宝石としては史上最高額でした。

【ブルーダイヤモンド】GIA・CGL鑑定書付 0.312ct Fancy Blue VS1 Type2B ペアシェイプカット ダイヤ

【GIA・CGL鑑定書付】【頂点】天然ダイヤモンドルース 0.312ct Dカラー FL 3EX H&C / フローレス トリプルエクセレント ハートアンドキューピッド 0.3ct 0.3カラット

何事にもその頂点というものが存在します。その頂点の一つは、まちがいなくこの、Dカラー フローレス トリプルエクセレントカットです。Dカラーは、何も混じらない無色の最高のカラー。フローレスは、内包物の全くない最高の透明度。トリプルエクセレントは最高の輝きを約束するカット。内包物の全くない澄み切った輝きは、ダイヤモンドの美しさの一つの頂点と言ってよいでしょう。やはり最後にたどり着くのは、このグレードなのでしょうか。

【GIA・CGL鑑定書付】【頂点】天然ダイヤモンドルース 0.312ct Dカラー FL 3EX H&C / フローレス トリプルエクセレント ハートアンドキューピッド 0.3ct 0.3カラット

この記事を書いた人
サヅカ

元SEの経営者。ハイジュエラー研究家。華やかに着飾った女性が好きです。キラキラ輝くオススメのハイジュエリー商品を紹介するブログを運営。国内IT系の上場会社でPG/SE/PMとして30年ほど勤務。2014年に特許を発明し出願した実績を持ちます。

詳細なプロフィールはこちら

サヅカをフォローする
コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サヅカをフォローする
スポンサーリンク
blank
サヅカブログ
タイトルとURLをコピーしました