ダイヤモンド相場の過去54年間チャートはこちら
スポンサーリンク

ダイヤモンドではなくモアサナイトを婚約指輪として選ぶ選択肢

moissanite_engagement-ring_720x654結婚指輪・婚約指輪
blankblank
若い女性
若い女性

2022年夏に結婚する予定です。これから結婚式や新婚旅行、引っ越しなど出費がかさむ予定なので婚約指輪は安価な商品でいいよと彼に伝えています。モアサナイトは見た目がダイヤモンド以上の輝きで美しいので、私は特に天然石で選びたいというこだわりもないし、エシカルでサステナブルな魅力にも惹かれています。世間的にはモアサナイトを婚約指輪として選択することはおかしなことでしょうか?そのあたりを教えてくださると助かります。

上記のようなモアサナイトを婚約指輪として選択することはおかしなことなのかどうか教えてほしいという質問について、回答をしたいと思います。

この記事の内容
・モアサナイトを婚約指輪として選択することはおかしなことなのかどうかがわかります。

結論:モアサナイトを婚約指輪として選択することはおかしなことではない

結論から言うと、モアサナイトを婚約指輪として選択することはおかしなことではないです。

これは、人それぞれ価値観が違うので、世間の常識はあまり気にしなくても良いと思います。

天然ダイヤモンドが良いと考える人は、天然ダイヤモンドを選択すれば良いと思いますし、モアサナイトが良いと考える人は、モアサナイトを選択すれば良いと思います。

日本ではまだ婚約指輪と言ったら「天然ダイヤモンドでしょ」という風潮が強いかも知れませんが、アメリカでは既にモアサナイトやラボグロウンダイヤモンドなどの人工宝石が婚約指輪の選択肢の一つとして認知されています。

モアサナイトは、ニューヨークで非常に人気が高いジュエリーです。

理由は、いろいろあります。

簡単に説明すると、モアサナイトはダイヤモンドの2.5倍輝きますし、メンテがしやすく壊れにくいです。

また、エシカルであるという倫理的な面やサステナブルであるという持続可能な面がニューヨーカーに好まれている理由です。

このあたりのモアサナイトの特長は、下記の記事を参考になさってください。

「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で知られるエマ・ワトソンやペネロペ・クルスなどのハリウッド女優は、Instagram公式アカウントでエシカルな姿勢を示しており、そのようなライフスタイルが注目を集めています。

Instagram公式アカウントのフォローワ数
エマ・ワトソン:6,625万人
ペネロペ・クルス:600.7万人

モアサナイト関連記事:ダイヤモンドではなくモアサナイトを婚約指輪として選ぶ選択肢

モアサナイトのその他の関連記事をご紹介しておきます。

まとめ:ダイヤモンドではなくモアサナイトを婚約指輪として選ぶ選択肢

いかがでしたでしょうか。

人それぞれ価値観は違います。

天然ダイヤモンドが良いと考える人は、天然ダイヤモンドを選択すれば良いと思いますし、モアサナイトが良いと考える人は、モアサナイトを選択すれば良いと思います。

モアサナイトであることを納得したうえで、婚約指輪や結婚指輪としてモアサナイトを選ぶのはアリだと思います。

blankRavicharme(ラヴィシャルム)公式サイトはこちら

  • 全国送料無料
  • ライフタイム保証サービス付き
  • 公式LINE登録で新着情報やクーポンゲット
  • 公式LINEで無料相談できます
  • 全品オーダーメイド


全国送料無料
公式HPはこちら

リンク先:blankRavicharme(ラヴィシャルム)公式サイト

すべて4C最高級(Dカラー、VVS1Up、エクセレントカット)のモアサナイトを使用しています

皆さまのお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
「役に立った!」と思ったら、SNSシェアしていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました